越えてはいけないライン

一度でもスーパーコンパニオンを利用したことがある男性なら知っていることだとは思いますが、スーパーコンパニオンはかなり過激なサービスを提供してくれます。宴会になると男性は相当にお酒を飲む上にテンションが非常に高いです。ですから、スーパーコンパニオンに対する要求もエスカレートしていくんです。ですが、そんな要求にもスーパーコンパニオンはしっかりと応えてくれます。
かなり過激なサービスを提供してくれるスーパーコンパニオンですが、決して何をしてもいいというわけではありません。いくらスーパーコンパニオンであっても超えてはいけないラインがあるんです。どれだけお酒が入っていても、どれだけテンションが高くてもそれをしっかりと頭に入れておく必要があるでしょう。
そのラインは簡単に言ってしまえば、射精を促すようなサービスを求めないということです。スーパーコンパニオンは風俗嬢ではありません。いくらエッチで過激なサービスをしていると言っても、それは男性を射精させるためにしているのではないんです。あくまで宴会を盛り上げるためにしていることなんです。ですから、自分の性欲を満たすためだけのサービスを要求することは絶対にしてはいけません。もしそういったことをしつこくすれば、スーパーコンパニオンが退席することになってしまうでしょう。
宴会でお酒が入ると男性はスーパーコンパニオンに過激な要求をしてしまうことになるはずです。ですが、絶対に越えてはいけないラインがあることを理解しておきましょう。